前のページへ戻る
錆かいらぎ

錆かいらぎ

「かいらぎ」とは、釉薬が焼成時に溶けきれずに鮫肌状になり、ちぢれて粒状になった部分のことを差します。一般的には白い化粧をかけた器に多くみられる風合いですが、このシリーズはそれを強調するために鮫肌状の部分にサビ色がつけられています。独特の風合いは、和にも洋にも相性がよく、テーブルをモダンな雰囲気にしてくれます。